商品名:玉川 しぼりたて生原酒

特定名称:本醸造
原料米:麹米・五百万石 掛米・コシヒカリ・他
精米歩合:65%・68%
日本酒度:  
酸度:
アルコール:18~18.9%

容量:1800ml

その他:要冷蔵

[商品の特徴]

米の出来や質は自然に影響され、毎年変わります。
そのため杜氏と蔵人にとって酒造期の初めは、その年の酒造りの形を必死で探す戦いのような時期です。
玉川の「しぼりたて」は、その年一番最初に仕込んだ酒を世に問う、いわば挑戦状のような酒。フレッシュな旨みと、口に含むと広がる豊潤なコクと酸味が魅力です。
手間ひまかけ、丁寧に造った原酒はコストパフォーマンスの高さで地元の人気者。

 

[蔵の紹介]

玉川は天保13年(1842年)、京丹後久美浜の地で創業しました。
玉川という名前の由来は蔵のすぐ隣に川上谷川という川があり、玉砂利を敷き詰めた感の、清流であったそうです。当時、川や湖を神聖視する習慣もあり、玉(とてもきれいな)のような川というところから、玉川と命名されました。以来この地で綿々と酒造りに励んでいます。

玉川 しぼりたて生原酒  1800ml

¥2,200価格